H29JSCE新潟会研究調査発表会

JSCE新潟会 研究調査発表会 2017(平成29年11月)

 平成29年11月9日(木)に土木学会関東支部新潟会研究調査発表会が長岡市のハイブ長岡で行われました.地盤研は毎年,M1の時に新潟会への参加が義務付けられています(他の学会での発表者は除く). 発表は以下に示す題目で行いました.

氏  名 論 文 題 名
斉藤 悠耶 人工的にセメンテーションを与えた砂の力学特性に関する研究
井上 晋太郎 シールド機動力学モデルによる泥土圧式シールドの急曲線部における挙動シミュレーション
木村 洸太 砂の粒子形状が及ぼす微小変形異方性への影響
岡野 良 シールド機動力学モデルによる急曲線部における泥水式シールドの挙動シミュレーション
岩渕 崇宏 三次元FEM解析によるSENS工法によって構築されたトンネル周辺地盤の挙動解析
茶木 勇太 変状トンネルにおける調査・計測事例の収集・整理
門脇 悠太 細粒分を含む砂における年代効果が液状化強度に与える影響
篠原 雅幸 中空ねじりせん断試験機を用いた交通荷重による沈下量の評価


 皆さんしっかり研究内容を発表できていたと思います.中には鋭いご指摘をいただき今後の課題が見えてきた人もいたかと思いますが,めげずにポジティブに頑張りましょう!

学会発表の様子

1F 斉藤 8F井上 1F 木村 8F 岡野
8F 岩渕 8F 茶木 1F 門脇 1F 篠原
緊張しています 鋭い質問がとんできます 難しい質問来たらどうしよう