VBAによるプログラムの作成/編集/保存/実行


マクロを作る練習

 エクセルシート上に設けたボタンをクリックすると y = a * x + b を自動で実行し,結果をセルに表示させるVBAプログラム(以下,マクロという)を例に,VBAの練習を行う.
 以下の手順に従ってVBAによるプログラムを体験してみよう.
  1. Excelを起動する
  2. 新規のExcelファイル(空白のブック)を直接開く,またはメニューバーの [ファイル] タブから開く
  3. 下の左図のように,Sheet1中のA1セルに「x」,B1セルに「y」,C1セルに「3」,D1セルに「-5」,A2セルに「2」とそれぞれ入力する
    注意)ここで,C1セルの値が傾きa,D1セルの値が切片b,A2セルの値がxの値を意味する
  4. メニューバーの[開発] タブをクリックし,[Visual Basic] ボタンを押す.VBAのエディターウインドウが自動で起動するはずである
    注意)エクセルはタスクバーに残ったまま,消えるわけではない.
  5. 画面左側のプロジェクトエクスプローラの[VBAProject (book1)]を右クリックし,プルダウンメニューの [挿入] から [標準モジュール] を選択する.右図のように標準モジュールが作成されることを確認する.

    イラスト1  イラスト1

  6. 図のように右側の白いエリアにプログラムの入力を行う.図の通りの文字を半角で入力すること.ここでは意味が分からなくても問題ない.「コンマ」「ピリオド」のタイプミスに注意すること.

    イラスト1

マクロをボタンに登録する

  1. WindowsのタスクバーにあるExcelのブックを選択してExcelシートウィンドウに戻る
  2. メニューバーの [開発] タブをクリックし,[挿入] ボタンを押す
  3. プルダウンメニューから [ボタン (フォームコントロール)] を選択する

    イラスト1

  4. Excelシート上の任意の場所にボタンを作成する(適当な場所でドラッグして大きさを決める)
  5. マクロの登録ダイアログボックスが表示されるので,[test01] を選択して(マクロ名がtest01に変わる),最後に [OK] をクリックして確定する
  6. 下図のようにボタンが生成される(ボタン上で右クリックするとサイズや名前を変更できる)

    イラスト1

マクロを実行する

  1. 生成されたボタンを押してみる
  2. B2セルにyの値が表示される
    注意)入力した値に対して正しい値が表示されていることを必ず確認すること,値が出力されない,エラーが出る場合はプログラムを確認すること

    イラスト1

作成したマクロの解説

イラスト1

参考資料:「演算子について」  「変数について」  「セルの指定方法について」

マクロを修正する

 作成したマクロをX=2から6まで連続して計算し,Yの値を出力出来るように修正する
  1. WindowsのタスクバーにあるVBAのエディターを選択してエディターに戻る
  2. 画面左側のプロジェクトエクスプローラの [VBAProject (Book1)] を右クリックし,プルダウンメニューの [挿入] から [標準モジュール] を選択する
  3. 標準モジュールにModule2が新規作成されたことを確認する
  4. Module1をダブルクリックし,画面右側のModule1に書かれたtest01マクロを [全て選択(Ctrl+A)] → [コピー(Ctrl+C)] を行う
  5. Module2をダブルクリックし,画面右側にtest01マクロを [貼り付け(Ctrl+V)] る
  6. 下の図のようにModule2の修正(赤色部分)を行う

    イラスト1

  7. WindowsのタスクバーにあるExcelのブックを選択してExcelシートウィンドウに戻る
  8. メニューバー[開発]タブをクリックし,前述と同様に2個目のボタン(マクロ名test02)を作成する
  9. 生成されたボタンを押してみる

    イラスト1

修正したマクロの解説

イラスト1

参考資料:「繰返し計算Forについて」

マクロを保存する

  1. Excelメニューバーの [ファイル] タブをクリックし,[名前を付けて保存] ボタンをクリックする
  2. 保存先を選択する
  3. [ファイルの種類] のドロップダウンリストをクリック
  4. Excelマクロ有効ブック(*.xlsm)を選択
  5. [保存] ボタンをクリック


トップページに戻る