T1-G.P.開催(平成22年12月)

 12月6日に仮配属B3のテーマセミナーの一環として第2回ソイルタワーグランプリ(通称:T1-G.P.)が開催されました.
大会ルールにつきましてはこちらを参照してください.B3ソイルタワー(予告編)(平成22年11月)
 負けたチームにはその日の打ち上げの準備,監督者であるM1には実験室の排水溝のヘドロ掃除の仕事が課せられます.
M1とB3の土へ思いを込めたタワー作りが今,始まる.

各チームのオーダー編

 今回の大会で使用する試料は1週間前に実験室で公表されました.
配合は下記の表の粘土,砂,礫からそれぞれ1種類を必ず使用し(粘土は上限50gまで),お好みで特殊土を選び合計300gになるようにオーダーを考えるというものでした.各チーム,監督者であるM1との相談やネット検索での結果を基にオーダー表を完成させたようです.

粘土MCクレイ関東ロームまさ土
ケイ砂サンゴ砂小名浜砂
Fresh Sand軽石砕石
特殊土ピートモス黒土

 下記の表は各チームのオーダですが,特筆すべきはブラウンGP・ネギポンのピートモス120g,それに加え唯一サンゴ砂を選択したという点でしょう.
予想通りヘドロ掃除への道まっしぐらなのか?はたまたキセキの大逆転が待っているのか?非常に楽しみ展開が予想されます.
その他はMCクレイと関東ロームの違いや特殊土の使用がどのように効いてくるのかといったところでしょうか.
ちなみに,当日発表されるシークレット材料も必ず使用しなければなりません.

チーム名粘土特殊土
BMWザウバー・マツオMCクレイ(50g)小名浜砂(180g)Fresh Sand(20g)ピートモス(50g)
INGルノー・ヒロポン関東ローム(50g)小名浜砂(180g)Fresh Sand(20g)黒土(50g)
レッドブル・ギャンブラーMCクレイ(50g)小名浜砂(130g)軽石(60g)黒土(60g)
ブラウンGP・ネギポンMCクレイ(50g)サンゴ砂(80g)Fresh Sand(50g)ピートモス(120g)

供試体作製編

 12月6日の14:40分から戦いの火蓋が切って落とされる!!!予定でしたが,INGルノー・ヒロポンの留学生2人が集合時間を勘違いするという事態により30分遅れのスタートとなりました.
 大会運営者から供試体作製に関する注意事項がアナウンスされ,その後,今回使用するシークレット材料である「モール」がお披露目されました.
だだし,監督者であるM1は口出し厳禁であったため使用方法はB3に委ねられます.果たしてどう使う?

 15:10分,いよいよソイルタワーグランプリの開幕です.各チーム運営者の合図と共に作業に取り掛かりました。 各チームまずは試料や道具が入っている箱を開けてオーダーした試料の確認を行いました. B3達は試料が湿った状態である場合もあると想定していたようですが,小名浜砂とサンゴ砂の水の浸り具合に驚きを隠せていないようでした.
 また,ピートモスは思ったより多く出てきたようで,ピートモス120gを選択したブラウンGP・ネギポンの作業バットはとても笑える状態でした.
ピートモスとサンゴ砂のコラボレーションの見た目は夜空に瞬く星のように綺麗な試料でしたが,強度的にはかなり軟弱だったようで,突き固めの光景は悲惨なものでした.
 留学生コンビのINGルノー・ヒロポンは大きな体から生み出されるパワーを存分に突き棒に伝達し突き固めておりました.その突き固めている音は凄まじいもので まるで金属でも入っているかのような音でした.突き固めの状態からすでに突出している感じでした.
 BMWザウバー・マツオとレッドブル・ギャンブラーは含水比調整を失敗したのか突いても突いてもなかなか締め固まらず,かなり苦戦しているようでした. また,制限時間も迫っており焦りながら作業していたように見えました.
 そして作業開始からの1時間後,各チームとも制限時間,供試体高さともにクリアし無事完成を迎えました.

供試体作製の様子

S1.jpgS2.jpgS11.jpgS27.jpg
準備完了各チームの試料が入っています機器の最終チェック中ですヘドロの公開


S29.jpgS35.jpgS40.jpgS31.jpg
B3集結?留学生に電話時間間違えました大会運営者


S49.jpgS53.jpgS57.jpgS56.jpg
聞き入ります今回のシークレット材料どう使おうかなこれおもしろーい


S59.jpgS62.jpgS64.jpgS419.jpg
・・・よーいスタート浸っているスピードが命


S422.jpgS423.jpgS424.jpgS79.jpg
見守る監督達とりあえず排水とにかく混ぜようどうするこのピートモス


S92.jpgS106.jpgS436.jpgS115.jpg
パワー溢れる突き固め既にヘドロです何か沈むピートモスを埋め込む


S114.jpgS123.jpgS444.jpgS447.jpg
黒土でキャッピング非常に硬いです綺麗に脱型シークレット材料の利用法

プレゼン編

 供試体作製が終わったら,次はプレゼンです.何をコンンセプトに作ったのか?工夫した点はどこかなど各チーム5分で発表してもらいます. なお,プレゼンの順番はじゃんけんでクジを引く順番を決め,出た数字がプレゼンと載荷する順番となります.
 クジの結果は,一番手レッドブル・ギャンブラー,二番手BMWザウバー・マツオ,三番手ブラウンGP・ネギポン,そしてトリはINGルノー・ヒロポンとなりました. なお,この順番決めは実は非常に重要なポイントでもあります.
 一番手であるレッドブル・ギャンブラーのプレゼンは「キャッピング」や「粒径加積曲線」などの用語を含めた学術的なプレゼンでした.
また画用紙に描いた絵も非常に見やすく,かつ理解し易かったと思います.
 二番手であるBMWザウバー・マツオは供試体作製のコンセプトよりも「土」そのものの大切さを訴えた紙芝居で勝負してきました. 内容もさることながら,普段のキャラを捨てて演じたB3の姿が美しかったと思います.
 三番手であるブラウンGP・ネギポンは某国民的アニメ「ア○パンマン」ならぬ「胡麻パンマン」と称する供試体でプレゼンしてきました. コンセプトはイマイチよく分かりませんでしたが,大変面白かったと思います.
 そしてトリのINGルノー・ヒロポンは留学生らしいタイトルを引っさげプレゼンを行ってくれました.オール日本語で非常によくがんばって作ったという印象を受けました.

プレゼンの様子

S125.jpgS129.jpgS131.jpgS140.jpg
じゃんけんぽっクジをオープン一番手熱心な説明


S133.jpgS142.jpgS151.jpgS156.jpg
聞き入ります非常に見やすい二番手,紙芝居いいストーリーです


S474.jpgS161.jpgS178.jpgS179.jpg
面白かったよよろしくお願いします三番手,ネギポンちょっと怖いよ


S182.jpgS185.jpgS187.jpgS189.jpg
どうだべ?トリを飾る良い色使いです素敵なプレゼンでした


載荷編

 いよいよメインイベントの載荷です.いくらプレゼンが素晴らしくても載荷で負けてはお話になりません.載荷方法は作製した供試体を一軸圧縮試験機に載せて各チームが手動で載荷するという方法です.
 一番手であるレッドブル・ギャンブラーは,供試体端面を黒土でキャッピングして強度を出す作戦のようでしたが, あまりにも含水比が大きかった為かあまり意味を成していないようでした.また,シークレット材料であるモールは 供試体の上部と下部に巻きつけるようにし,補強を図っているようでした.
しかし強度に反映させることができなかったようで耐荷重は4.1kgという結果に終わりました.
 二番手BMWザウバー・マツオは,終始慎重に載荷しておりました.試料作製中の不安はどこへ消えたのか, 順調に耐荷重を伸ばし結果は10.6kgとなりました.
 三番手ブラウンGP・ネギポンは,供試体の完成度からゆっくり載荷しては強度が出ないと踏んだのかイチかバチかの超高速載荷で勝負をかけてきました. 全速力で回すB3の佐々木君,値を読む大会運営者の須佐見さん.皆が注目いたしました.
値は急上昇しまさかの耐荷重7.3kgを記録いたしました.この瞬間ネギポンの最下位は無くなり皆がどよめきました.
 トリはINGルノー・ヒロポンです.供試体の出来栄えから一番であろうと予想がつきました.載荷を開始すると一瞬で他のチームの記録を抜き去り,驚きの54.7kgという値を叩き出しました.留学生パワー恐るべしです.

載荷の様子

S146.jpgS149.jpgS150.jpgS467.jpg
セットしてみるまだいけるかそろそろダメか破壊しました


S165.jpgS167.jpgS345.jpgS348.jpg
僕らの夢を託してそして載荷あせるな鈴木飽きてきたようです


S173.jpgS360.jpgS362.jpgS363.jpg
新たな創造キセキの勝利を目指して超高速載荷粉砕しました


S191.jpgS195.jpgS196.jpgS197.jpg
耐荷重の計算中ちょっと斜めになってます微調節はまかせろ驚異の耐荷重


最終結果

チーム名試料重量(g)載荷重量(kg)ST値プレゼン合計順位
BMWザウバー・マツオ208.810.64041812
INGルノー・ヒロポン243.554.75033831
レッドブル・ギャンブラー240.44.12041614
ブラウンGP・ネギポン180.67.33042723

 最終結果は上記のようになりました.ST値とは耐荷重が上位のチームから順に50,40,30,20点が与えられるものです. また,プレゼンは先生方が各チームの独創性,芸術性を加味して採点しました.
 ST値とプレゼンを合計した結果INGルノー・ヒロポンが1位に輝きました.おめでとう. これだけでも日本へ来た甲斐があったと思いますよ.
そして最下位はまさかのレッドブル・ギャンブラーとなり,買出し&ヘドロ掃除が決定しました.

 今大会を通じてソイルタワーは構成材料や締め固め方法もさることながら載荷の順番でも勝負が変わってしまうと感じました.予想に反して最下位を脱したブラウンGP・ネギポンは超高速載荷によって番狂わせの値を叩き出しました. レッドブル・ギャンブラーも超高速載荷をしていれば勝っていたかもしれません. それだけに載荷スピードの駆け引きが重要になるので載荷順番も軽視してはならない事項であると思います.
 来年は第3回大会の予定です!!!やるのかなっ??

結果発表の様子

S470.jpgS365.jpgS350.jpgS377.jpg
西屋敷君と豊島君ブラウンGP・ネギポン鈴木君と淡路君クン君とロナルド君


S384.jpgS216.jpgS219.jpgS207.jpg
最下位脱出の瞬間うなだれる豊島君監督代行のM2松本氏打ち上げのサポート代をせがむ

添付ファイル: fileS207.jpg 240件 [詳細] fileS219.jpg 240件 [詳細] fileS216.jpg 268件 [詳細] fileS384.jpg 256件 [詳細] fileS377.jpg 242件 [詳細] fileS350.jpg 225件 [詳細] fileS365.jpg 257件 [詳細] fileS470.jpg 214件 [詳細] fileS197.jpg 234件 [詳細] fileS196.jpg 258件 [詳細] fileS195.jpg 245件 [詳細] fileS191.jpg 215件 [詳細] fileS363.jpg 239件 [詳細] fileS362.jpg 268件 [詳細] fileS360.jpg 220件 [詳細] fileS173.jpg 252件 [詳細] fileS348.jpg 222件 [詳細] fileS345.jpg 232件 [詳細] fileS167.jpg 225件 [詳細] fileS165.jpg 223件 [詳細] fileS467.jpg 231件 [詳細] fileS150.jpg 216件 [詳細] fileS149.jpg 231件 [詳細] fileS146.jpg 252件 [詳細] fileS189.jpg 223件 [詳細] fileS187.jpg 234件 [詳細] fileS185.jpg 240件 [詳細] fileS182.jpg 226件 [詳細] fileS179.jpg 263件 [詳細] fileS178.jpg 219件 [詳細] fileS161.jpg 234件 [詳細] fileS474.jpg 274件 [詳細] fileS156.jpg 258件 [詳細] fileS151.jpg 244件 [詳細] fileS142.jpg 251件 [詳細] fileS133.jpg 244件 [詳細] fileS140.jpg 241件 [詳細] fileS131.jpg 276件 [詳細] fileS129.jpg 259件 [詳細] fileS125.jpg 232件 [詳細] fileS447.jpg 265件 [詳細] fileS444.jpg 250件 [詳細] fileS123.jpg 262件 [詳細] fileS114.jpg 236件 [詳細] fileS115.jpg 226件 [詳細] fileS436.jpg 218件 [詳細] fileS106.jpg 263件 [詳細] fileS92.jpg 197件 [詳細] fileS79.jpg 250件 [詳細] fileS424.jpg 207件 [詳細] fileS423.jpg 249件 [詳細] fileS422.jpg 274件 [詳細] fileS419.jpg 231件 [詳細] fileS64.jpg 222件 [詳細] fileS62.jpg 243件 [詳細] fileS59.jpg 231件 [詳細] fileS56.jpg 244件 [詳細] fileS57.jpg 209件 [詳細] fileS53.jpg 217件 [詳細] fileS49.jpg 217件 [詳細] fileS31.jpg 224件 [詳細] fileS40.jpg 232件 [詳細] fileS35.jpg 208件 [詳細] fileS29.jpg 263件 [詳細] fileS27.jpg 223件 [詳細] fileS11.jpg 226件 [詳細] fileS2.jpg 226件 [詳細] fileS1.jpg 222件 [詳細]

トップ   編集 凍結 添付 名前変更   新規 一覧   最終更新のRSS