Newマッシーン搬入の巻(平成21年11月24日)

 11月24日,そうT1グランプリを開催した午後に新しい試験装置の搬入作業がありました.T1G.P.大会運営委員長のDr.高田はへとへとです.今回,納入した試験機は「多機能型圧密試験機」とでも銘打っておきましょうか,供試体サイズφ10cmで高さは自由に設定できる圧密容器を用いて,普通の圧密試験,定ひずみ圧密試験,ベンダーエレメントを用いた剛性率測定試験,保水性試験,ムフフな試験等バラエティーに富んだ試験ができる仕組みとなっております.サクションを載荷させるためにセルに覆われておりますので,さながら中空ねじりせん断試験装置のようです.クレーンが付いた圧密試験機って今まで見たことがありましぇん.これじゃ一人では試験ができないか・・・むむっ.

 セッティング終了後に,測定器を取り付け,今回から新しいデータロガー(D/A,A/D,ファンクションジェネレーター,高速サンプリングロガーのオールインワン)を組み込むための試運転を行いました.これまで用いてきた制御プログラムを一部変更し,ベンダーエレメント測定モードを追加しました.ベンダーやひずみ値出力の各測定器の調子はバッチリ!!.肝心の電圧出力のギャップセンサーが測れない・・・.さすがの先生もギブアップでした.再調整して頑張ってみます.なんで測れないんだろう?問題あるの先生のプログラムじゃねーの!?

 試験機が充実してきましたが,本研究室では精密で正確な試験をモットーに試験機を先代の小川先生の頃より㈱誠研舎様に製作して頂いております.本日は,設計・製造を担当して頂いた方に試験機の設置,使用法を丁寧に説明してもらいました.ありがとうございました.仕組みが複雑な上に度重なるワガママを言ってしまい,設計変更を幾度となく行って頂きました.帰り際に,大量の電動レギュレーターをお持ち帰り頂きメンテナンスをお願いしました.もうからん仕事ですんません・・・.納入終了後の二人は安堵した様子でお帰りになられたとさ.おしまい.

試験機のレビューは使いこなせるまでお待ち下さい!!

圧密試験機搬入の様子

A01.jpgA02.jpgA03.jpgA04.jpg
Newまっし~んです誠研舎のお二人圧密容器でかっ!まるで炊飯ジャーのようだ


A05.jpgA06.jpgA07.jpgA08.jpg
うんしょうんしょベンダー試運転ふむふむ・・・測定器を試してみる!!


A09.jpgA10.jpgA11.jpgA12.jpg
・・・試験機全景㈱誠研舎様にお土産笑顔の早山さん



添付ファイル: fileA12.jpg 409件 [詳細] fileA11.jpg 392件 [詳細] fileA10.jpg 376件 [詳細] fileA09.jpg 403件 [詳細] fileA08.jpg 407件 [詳細] fileA07.jpg 398件 [詳細] fileA06.jpg 398件 [詳細] fileA05.jpg 377件 [詳細] fileA04.jpg 382件 [詳細] fileA03.jpg 401件 [詳細] fileA02.jpg 378件 [詳細] fileA01.jpg 377件 [詳細]

トップ   編集 凍結 添付 名前変更   新規 一覧   最終更新のRSS