新潟会 研究調査発表会 2014(平成26年11月)

11月5日に土木学会関東支部新潟会研究調査発表会が長岡市のハイブ長岡にて行われました.地盤研では毎年,M1にこの発表会への参加を義務付けている(他の学会での発表者を除く),研究発表に関する虎ノ門的なイベントです.なお,今年はM1だけでなく,M2の方(1名)D3の方(1名)もこの会に参加しました.
発表はM1,M2,D3が以下に示す題名で行いました.

氏名論文題名
白井 翔也様々な細粒分を含む砂の液状化特性
板倉 茉央橋台背面の段差抑制工の効果を評価する模型実験装置の開発
河村 貴志強度異方性に関する飽和粘性土の不飽和粘性土の比較
松尾 東振動遮断壁の効果に関する小型土槽模型試験
須佐見 朱加せん断ひずみ速度の違いによる不飽和粘性土の強度異方性
大森 洋介砂質土のせん断弾性係数と液状化強度に与える礫粒径の影響
櫻井 高志塩分溶脱とイオン交換された粘土の工学的特性
白井 隆文非円形立坑の簡易設計解析
SOUMPHOLPHAKDY VANNAXAYシールド機動力学モデルによるSENSマシン挙動解析
PHAM HUNG VANH&Vシールドの操作がその挙動に与える影響の検討
NGUYEN DUC TAMSENSの覆工の挙動解析



今年のM1は練習成果を十分に発揮し,皆堂々と発表できていました.質疑応答にもしっかりとした回答ができていたと思います. これを機に,今後の研究生活もしっかりと頑張っていきたいと思います.

学会発表の様子


a1.jpga2.jpga3.jpga4.jpg
みんな集まりました学会慣れしてる緊張してるね緊張で早口に


a5.jpga6.jpga7.jpga8.jpg
しゃべりがうまい目がチカチカすいません怖気付きません実務の発表です


a9.jpga10.jpga11.jpga12.jpg
日本語めっちゃ上手貫禄がありますうまい発表でした発表終わったー!!



添付ファイル: filea12.jpg 228件 [詳細] filea11.jpg 178件 [詳細] filea10.jpg 186件 [詳細] filea9.jpg 177件 [詳細] filea8.jpg 176件 [詳細] filea7.jpg 182件 [詳細] filea6.jpg 197件 [詳細] filea5.jpg 203件 [詳細] filea4.jpg 191件 [詳細] filea3.jpg 198件 [詳細] filea2.jpg 215件 [詳細] filea1.jpg 193件 [詳細]

トップ   編集 凍結 添付 名前変更   新規 一覧   最終更新のRSS