平成27年度修士論文中間審査会(平成27年11月)

11月18日,M2の修士論文中間審査会が機械建設棟8階814号室にて行われました.
中間発表は8分の発表と5分の質疑応答という流れで行われました.
豊田先生は不在でしたが,これまでのがんばりの成果を披露してくださいました.

氏名論文題名
板倉 茉央模型実験による橋台裏込め部段差対策工法の評価
大森 洋介礫混じり砂の変形特性を考慮した液状化強度推定手法
河村 貴志土要素試験で地盤沈下を評価するための交通荷重応力の再現
NGUYEN DUC TAM浅い土被りでのSENS覆工挙動の解析
櫻井 高志固有異方性を有する砂質土が線形弾性挙動を示すひずみ領域
白井 翔也砂の液状化強度に与える長期圧密の影響
白井 隆文3DFEMによるシールドトンネル覆工の設計定数の検討
SOUMPHOLPHAKDY VANNAXAY数値解析による小口径シールドを用いたシールドルーフの実現可能性の検討
PHAM VAN HUNGシールド機動力学モデルによるH&Vシールドの挙動解析
山村 恭子新幹線による地盤振動を低減するための振動遮断壁のサイズに関する研究
吉﨑 健司ニューマチックケーソンを大深度立坑へ適用するためのワイヤブラシによる止水法の研究


みなさん,とても堂々としていて,すばらしい発表でした.
これからの研究や2月の発表へのモチベーションが上がったと思います.
M1もこれを見習い,研究をがんばりたいと思います.
M2の皆さんは,引き続き研究をやられるほか,M1のサポートなど,色々と大変なこともあると思いますが,残り少なくなってきた学生生活に悔いを残さないようにしてほしいです.



発表の様子


a1.jpga2.jpga3.jpga4.jpg
準備しますそわそわトップバッター堂々と


a5.jpga6.jpga7.jpga8.jpg
風邪気味だけど8階1人目難なくこなします先生まだかな…


a9.jpga10.jpga11.jpga12.jpg
Bossからの質問慣れています日本語はおまかせ熱が入ります


a13.jpga14.jpga15.jpga16.jpg
1階の紅一点できる男水工研のみなさん他の発表も気になる



添付ファイル: filea16.jpg 165件 [詳細] filea15.jpg 148件 [詳細] filea14.jpg 161件 [詳細] filea13.jpg 168件 [詳細] filea12.jpg 152件 [詳細] filea11.jpg 154件 [詳細] filea10.jpg 152件 [詳細] filea9.jpg 170件 [詳細] filea8.jpg 165件 [詳細] filea7.jpg 161件 [詳細] filea6.jpg 159件 [詳細] filea5.jpg 153件 [詳細] filea4.jpg 159件 [詳細] filea3.jpg 157件 [詳細] filea2.jpg 163件 [詳細] filea1.jpg 159件 [詳細]

トップ   編集 凍結 添付 名前変更   新規 一覧   最終更新のRSS