土木学会関東支部新潟会研究調査発表会(平成22年11月)

 11月25日に土木学会関東支部新潟会研究調査発表会(通称:新潟会)が長岡市のハイブ長岡で行われました.
地盤研究室では毎年,M1陣にこの発表会への参加を義務付けている(全国大会での発表者を除く),研究発表に関する虎ノ門的なイベントです.

 9月末の概要集提出を経て,本日の発表までこぎつけた作業労力は人それぞれで,楽にできた人,何度も何度も修正を重ねて苦労した人もいましたが,発表を聞く限りでは各々,無難にこなせていたのではないでしょうか.ただ,質疑応答に関しては,質問の意味を捉えることができず,上手く解答できなかった学生もおりました.
 しかし,今回の発表は次回以降の発表会,そして日常の研究につなげることのできる有益な経験となったことでしょう.

各自の論文テーマ

氏 名論文テーマ
竹中 光一郎冬季における消雪井戸の地下水質の経時変化について
根岸 瑞希斜面下端部に設けた排水機構が降雨による斜面崩壊に及ぼす効果の検討
垣内 祐輝急曲線部においてシールド施工時荷重がセグメント挙動へ与える影響評価
須佐見 朱加礫を含む中間土のスレーキング及び破砕性に関する基礎的検討
中村 浩士礫を含む中間土の液状化特性に与える有効平均主応力と過圧密の影響
松岡 知弥異方応力状態が飽和粘性土の弾性係数に与える影響
藤川 浩理メキシコシティ粘土の工学的特性に関する研究
瀧瀬 真輝ダム再開発におけるダムの安定性
平井 祐貴大規模開削トンネルにおける温度応力解析結果の精度に関する一考察



発表会の様子

N1.jpgN5.jpgN21.jpgN8.jpg
一番広い会場です朝イチ・竹中にらんでます重圧からの開放


N25.jpgN35.jpgN16.jpgN40.jpg
原先生の名にかけて座長としてシールド大好き何か問題でも?


N46.jpgN52.jpgN31.jpgN37.jpg
早口だった男無難にこなす8F陣営誰と闘うの?



添付ファイル: fileN37.jpg 298件 [詳細] fileN31.jpg 318件 [詳細] fileN52.jpg 331件 [詳細] fileN46.jpg 316件 [詳細] fileN40.jpg 336件 [詳細] fileN16.jpg 333件 [詳細] fileN35.jpg 308件 [詳細] fileN25.jpg 329件 [詳細] fileN8.jpg 402件 [詳細] fileN21.jpg 434件 [詳細] fileN5.jpg 346件 [詳細] fileN1.jpg 358件 [詳細]

トップ   編集 凍結 添付 名前変更   新規 一覧   最終更新のRSS