一面せん断試験装置

  • 本研究室で所有する一面せん断試験装置は,自動計測・自動制御ができるように整備しているため,定圧試験,定体積試験,繰り返し載荷試験を全て自動で行うことができます.定圧試験では,せん断箱の摩擦を考慮して鉛直力を反力板側で測定しているので,より精密な実験を行うことができます.
  • 試験機の特徴
    • 供試体の寸法:直径6 cm×高さ2 cm
    • 試験装置:PC・D/Aボード経由でフィードバック自動制御
    • 垂直力・せん断力ともにモータ制御(変位制御)で載荷
    • 測定データはデータロガー,GP-IBボード経由でPCにて自動記録
    • データ記録ソフトはVB6.0で作成,試験機・試験方法に合わせてカスタマイズ
    • せん断力は,定格容量200kgf(定格出力4000strain)のロードセルで測定
    • 鉛直変位は,定格容量20mm(定格出力150strain),定格容量5mm(定格出力10000strain)の変位計で測定
    • 鉛直応力は,定格容量200kgf(定格出力2313strain)平行平板型ロードセルにて反力側で測定
       
1.試験機全景2.せん断応力用ロードセル3.鉛直応力用ロードセル4.せん断力載荷用モータ5.鉛直力載荷用モータ
Direct_01.jpgDirect_02.jpgDirect_03.jpgDirect_04.jpgDirect_05.jpg
6.上下せん断箱7.鉛直力載荷軸・ガイド8.せん断力載荷用ガイド9.せん断箱セット状況10.せん断箱セット状況
Direct_06.jpgDirect_07.jpgDirect_08.jpgDirect_09.jpgDirect_10.jpg
11.モータコントローラ12.計測機器13.定圧単調載荷試験結果一例14.繰り返し載荷試験結果一例
Direct_11.jpgDirect_12.jpgDirect_13.jpgDirect_14.jpgNo Picture!

トップ   編集 凍結 添付 名前変更   新規 一覧   最終更新のRSS