シールド現場見学(平成29年10月) Construction site of the water storage pipe (October,2017)

 私たちは2017年10月16日に大石排水区大石2号貯留管下水道工事の現場見学に行きました.本工事は新潟市が発注し,前田・佐藤・協和・小野特定共同企業体が施工しているものであり,市街地化が進み,豪雨時にたびたび浸水被害が発生している当該地区において,浸水被害を軽減するためにシールド工法によって地下貯水施設を構築するといったものでした.見学では発進縦坑,到達縦坑,掘削中のシールド機内部を案内していただき,実際に見て,触って,工事現場を見学させていただきました.
 本工事の特徴として,工事範囲でメタンガスの存在が確認されたため,メタンガス対策として特別な坑内喚起方法の採用やガス検知システムの設置,シールド機の防爆仕様の採用などを行っている点にありました.今回の現場見学では,普段見ることができない掘削期間中のシールド機の切羽付近まで案内していただき,大変貴重な体験をさせていただきました.最後に,お忙しい中現場見学をさせていただいた前田・佐藤・協和・小野特定共同企業体の皆様に厚く御礼を申し上げます.

On 16th of October in 2017, our lab members visited the construction site of the second water storage pipe in the Oishi Sewage District. This construction was ordered by Niigata city, and it is currently being carried out by the joint venture of 4 construction companies: Maeda, Sato, Kyowa, and Ono. In recent years, the damage caused by flooding has often occurred in this area because urbanization is progressing. Therefore, this work aims to reduce flood damage by building storm water storage pipe in the underground by shield tunnelling method. The characteristics of this work is to take countermeasures to methane gas in the underground, such as a special ventilation method, a gas detection system, and a explosion proof specification on the shield machine.
We entered to the launching shaft, arrival shaft, and the inside of the shield machine. We can’t usually observe it. So, it was very valuable opportunity to see all this. We would like to express our deepest gratitude to every person who
made this field trip possible. We appreciate the fact that we were given this chance in such a busy season.

日 時:平成29年10月16日(月)14-17時
場 所:新潟市
工事名:大石排水区大石2号貯留管下水道工事
発注者:新潟市 下水道部 東部地域下水道事務所
施工者:前田・佐藤・協和・小野特定共同企業体
概 要:泥土加圧シールド,セグメント内径3.25m,距離2011m

A01.jpg
見学者一同で記念撮影



添付ファイル: fileA01.jpg 56件 [詳細]

トップ   編集 凍結 添付 名前変更   新規 一覧   最終更新のRSS